沖縄は一年中南国!というわけではありません

沖縄ダイビング!海を満喫する6つの知識 TOP > 知っておこう、沖縄の海に関するマメ知識 > 沖縄は一年中南国!というわけではありません

沖縄は一年中南国!というわけではありません

2013年4月17日 11:57 / カテゴリ:[ 知っておこう、沖縄の海に関するマメ知識 ]

「沖縄は南国だから一年中いつでも泳げるんでしょ!」なんて思っていませんか?確かに本土に比べたら沖縄は段違いに暖かい場所です。でも沖縄も日本ですから、四季がちゃんとある場所なのです。つまりしっかり冬があるということ。あなたの安全の為にも「沖縄にも泳ぐのに適していないオフシーズンはある」ということを知って欲しいと思います。

参考記事:沖縄では海開きしていれば絶対に泳げる?

まず本島は、11月から3月位までは地元の人間はあまり泳ぎません。「地元の人間は」と書いた理由ですが「沖縄=年中海があったかい!」と思った観光客や移住したばかりの人達が歯をカチカチ言わせながら泳いでいる(というか、何とか海に浸かっている)光景が時々見られるからです。しかし、ちょっと恥ずかしい上にかなり寒いので風邪をひく恐れがあります。決してしないで下さいね。

また本島のビーチは、特に海開きとなる日までは遊泳禁止になる所も多いのでルールを守って頂きたいです。管理されていないビーチにオフシーズンも入る場合はあくまで自己責任。寒い水中では判断力が鈍る恐れもありますので、なるべくは入らない方が無難です。

では逆に「泳げるシーズン」となると、4月から10月まで・・。と言いたいところですが、4月と10月はその年による気温が違うのでケースバイケースで対応して下さい。また「沖縄にいる間は長袖の服なんて全く必要無い」ということもありません。冬用の服も持って行かれて下さいね。

4月頃になると、全国のテレビで沖縄の早い海開きの映像が流れているのを見たことがあるかと思います。しかしよく見ると結構寒そうな顔をして入っているんです。つまり、5月頃から入るのが確実で安心出来ます。「あったかい日に沖縄ビーチを楽しむ」この前提を守って、楽しく過ごして下さいね!

あわせて読みたいおすすめ記事